安くはじめたいなら知っておくべきキャンペーン情報

脱毛後のアフターケア

エステティシャン

肌に赤みやかゆみが出た場合

一般的に脱毛エステでポピュラーに行われている光脱毛は、肌へのダメージが少なく施術後にトラブルは起こりにくいとされています。ただ、肌質や脱毛前後に少し体調が悪かったなど、様々な原因によって脱毛エステで施術を受けた後、肌が赤くなったりかゆみが出るケースもあるようです。もし、脱毛エステ後にこのような肌トラブルが起こってしまった場合、どのようなアフターケアを行えば良いのかチェックしてみましょう。脱毛エステで行われている光脱毛は光の熱エネルギーで毛根にダメージを与え、ムダ毛を抜いたり生えにくい状態へします。光の熱ダメージが肌内部にこもるなどして赤くなってしまったり、ダメージから乾燥が起こりかゆくなったりします。まず、熱がこもっているような感覚があり肌に赤みが出ているような場合は、冷やすケアから行いましょう。症状が出ている所に冷水で濡らしたタオルを当てて熱を取ることで、症状が軽減されることがあります。この時、凍った保冷材や氷など極端に冷たいもので肌を冷やしてしまうと、急激に冷やしたことが負担となりかえって症状が悪化することがあるので注意が必要です。また、濡れたタオルも長時間肌に当ててしまうのも負担となってしまうので、あまり長い時間冷やさないようにするのもポイントです。施術後に乾燥からかゆみが出ている場合は、保湿ケアをして乾燥を改善するアフターケアを行いましょう。乾燥は肌の赤みやかゆみだけでなく脱毛後の埋没毛の発生リスクにもつながってしまうので、いつも以上にしっかり保湿することをおすすめします。